読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命保険の必要性

友達に進められて入った、月で53000円支払っている。
今後子供を3人もうける資産で、必要なお金を見積もってもらい、極力、掛け捨てでない形をとったところ、このようになった。

(死んだら今後2億円以上が断続的に支払われる。)


ケガや病気になったあとでは入れないからと言われた。うん、そのとおりですね。

親が入っておいてくれたものもあるので、(月1万円)現状、月に63000円ずつは保険料として引かれていくことになる。かなり大きい。
自由に使えるお金が明らかに減っている。

さて、どうしたものか。妻も出産のために仕事をやめることになった。

さてさて、この保険は本当に必要なものか?
きっと、困った時が来た時に、入っていてよかった!と、なるはずであるが、自分自身がそれを感じれずに、周りの家族がそれを感じてくれることにねるのかもしれない。

でも、何もなかった時には、不要だったやん!ってなる。直感的には。でも、よく考えてみれば、普段の安心をその値段を払って買っているわけで、35年後に払った値段と同額が返ってくるので、と思えば何も損得はない。むしろ、ずっと安心しておけるというのを買っていて、しかも、何も損をしないのであればそれでいいと思う。

ただし、月収の20%をそこに回してしまってるので、毎月の贅沢が余りできないことにはなるが。