読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄毛と脱毛予防

AGAの主因は男性ホルモンのテストステロン(主に精巣で作られる)
メンズヘルスクリニック東京の院長 AGA治療のパイオニア 小林一広先生(国内最多の三万件)

〇薄毛は遺伝
△毛深い人は薄毛になる?
×髪の毛は抜けたら二度と生えない?
発毛して2~8年かけて成長して、退行、三ヶ月の休止期間→自然脱毛
平均的毛髪数10万本
うち、1割は休止期間
健康でも3~4ヶ月で約1万本の毛が抜ける

△ヘルメットを被ると薄毛になる?
蒸れて湿った状態になる。細菌、カビが増殖する。摩擦などの物理的な刺激に弱くなる

×ワカメを食べると薄毛にならない?
健康な髪の生育にビタミン、ミネラル(亜鉛)は欠かせない。
海藻類には豊富にそれら含まれる。
科学的根拠はない。バランスが大事。

〇タバコを吸う人は薄毛になる
ニコチンなどにより、毛細血管が収縮。末端の血流

△ブラシで叩けば髪の毛は生える?
血行良くすれば生えるわけではない

△朝シャンは薄毛に良くない? 頭皮を清潔な状態に保つことは育毛にとってもいいこと。洗いすぎはダメ。
髪の毛保護のための皮膜をはがしてしまうから。シャンプー洗髪は1日1回

×白髪の人は薄毛にならない?
因果関係なし。髪は毛根にある、メラノサイトメラニン色素を作り出すことで黒くなるが、加齢などにより、色素を作る機能が低下することがあり、これが白髪の原因。

化学反応により、テストステロンがジヒドロテストステロンになる。毛根を萎縮させる強い力になる。加齢でテストステロンは減り、ジヒドロテストステロンは増える。

薬で進行を抑えれる。内服薬のフィナステリド。
発毛育成→ミノキシジル、外用薬

(GOETHE,ゲーテ2015-5掲載記事を参考)